TOEICの攻略

TOEICと英検

TOEICと英検の違い

沢山の人が考えるのは、TOEICと英検はどちらが難易度が高いのかとか、履歴書に書く場合はどちらを書いた方がいいかということも考えると思います。
簡単に分けると英検は、日本の高等学校の英語の教科書の内容を基準とした形の、総合的な英語の能力を測るテストです。
TOEICは、企業などで働く上でどれくらいの英語のコミュニケーション能力を持っているかを問うテストと言っていいです。そもそもTOEICと英検では、問われている英語力が異なります。
英検は文法問題とそれに加えて、長めの硬い長文問題があります。リスニングの割合はリーディングよりは少なく、また2次試験には面接もあるので「スピーキング」も試されます。
それに対してTOEIC Testはリスニングとリーディングが半分づつです。そのため英検準1級とTOEICで740点前後取れる人を比べた場合、英検準1級保持者のほうが文法においてはより力があるといえ、リスニングはTOEICが有利といえるかもしれません。
英検にしてもTOEIC にしてもより上のレベル目指すのに越したことはありませんので、就職のためならやはり2年以内のスコアが適用されるTOEICですが、準1級を持っているのならばTOEICにおいても得点をある程度取る事が可能であると思うので、受験する際はTOEICの問題形式をつかんで今までの勉強を無駄にせず的確に勉強してほしいものです。
英検2級を持っていたとして、同じ2級でもぎりぎり合格の人と余裕で合格人との違いはかなりあるので、TOEICを受けた際に同じ英検の級でも、スコアにもかなり差が出る場合があります。
英検の級によるあいまいさがなくなりはっきりスコアで出る。TOEICの強みはそこなのです。2級を持つのならいっそのこと準1級以上をとるか、TOEIC Testで680点〜750点を確実に取るほうが評価されるように思います。

check

2020/3/31 更新

トップページへ