TOEICの攻略

TOEICと就職

TOEICの現代社会での重要性

近年の就職やまた会社内においてもTOEICは重要となってきています。採用や昇進に際して一定の得点を条件とする企業も増えつつあり、ある一定の点数が取れれば資格として扱われて手当がもらえる企業も多いです。
有名企業で例をあげるとPANASONIC、SANYO、富士通、SHARP、旭硝子、日本ビクター、日立製作所、新生銀行、ミズノ、三菱商事等の会社が新採用のときまたはTOEIC Testのスコアを昇格、昇進するときの条件としている企業もあります。
全社員にTOEICで一定以上のスコアを求めている会社もあれば、部署によって基準スコアが違って示している会社も多く、海外出張の可能性のある部署であれば当然高水準のスコアが求められます。
また入社後の年数ごとにスコアで何点を期待するといった会社もあります。細かな点は会社により違うので、直接問い合わせるといいでしょう。会社によっては就職後に英語の教師をつけてくれたり語学学校や会社で英語の教師を呼んで研修したりなどをしてくれる会社も増えてきました。

 

TOEICだけ勉強すればいいかといえばそうではなく、英語といっても最も重視されるのは人となりや目的意識であることには変わりはありません。英語は仕事をする上での方法なのです。英語を使って何ができるか、何がしたいのか。面接のときに明確に答えられると評価も高くなるでしょう。
英語で目的や自分についてを語ることができればいいと思います。TOEICを絶対条件とする企業は日本の企業全体を考えるとそれほどの数ではありませんが、近年のより国際化する時代においてどの仕事に就こうとも、英語ができないよりは出来たほうがいいので、覚えておいて損はないでしょう。
英語が必要としない会社を希望としていても新人を採用する際まったく英語の資格を持っていない人と持っている人では持っている人を採用するといった、語学の資格を取るという向上する気持ちや自分を磨くことに対して積極性のある人を採用するといった傾向があるからです。

Valuable information

安全を届ける保健科学東日本

2017/11/6 更新

トップページへ